福岡市天神のWEB制作会社 -ワールドシェア株式会社-

ベトナム恋愛宣言

2015/01/13 Tuesday

第七話 マシンガンメール

 

 

のびたはティナにボーリングを教えたが、初めてだからなのか上手くいかず、だらだらと時間だけが過ぎていき、気付けば3ゲーム目を終えるところだった。

 

 

 

「やっぱり具合、悪いんじゃないの?」

 

「ウン…デモ大丈夫」

 

「無理しちゃダメだよ。それに、おばあさんも心配なんだろう」

 

「ジャア、最後ニ食事ダケデモ…」

 

「わかった。飯食べたら帰ろう。送るよ」

 

「…アリガトウ…ノビタ…」

 

ベト恋11

 

ボーリング場から出て、ユニオンスクウェアへ行き食事を食べてから、のびたはティナを送っていった。

 

 

 

 

 

…と、ここまでを聞いていたら、「あ、この二人上手くいかないまま終わるんだな」と思われるであろう。

 

実際、のびた本人もそう考えていた。

もうティナとは会うことはないだろう…と。

 

 

 

だがしかし水面下では同時に別のことが起きていたのだ。

 

 

 

初めてティナと出会ったあの夜、のびたはティナと連絡先を交換していた。

電話番号とメールアドレス。

 

思えばこの時点でもう歯車は狂いだしていたのかもしれない。

 

 

ベト恋12

 

 

知り合って二日。ティナののびたへのメールは100件を超えていた。

 

あの食事へ行った日も含めて、だ。

 

連絡先を交換し、ティナの店を出た後。そして昨日のデートの後。

 

メールはまさに文字通り“暇さえあれば”送ってきているのではないかと思ってしまうほど、のびたのアドレスへと届いた。

 

 

 

のびたは途中で寝てしまったのだが、のびたが寝た後にもティナからのメールはのびたの元へと届いていた。