福岡市天神のWEB制作会社 -ワールドシェア株式会社-

ワールドシェア株式会社のセルフプロデュースアイテム 自立式ハンモック「ゆらふわモック」 楽天市場、ヤフーストアランキング連続1位記録更新!! >>> ショップに行く

生活

2015/07/23 Thursday

営業マンとハンモック

営業マンにも、ハンモックに乗りたいときがある。
頭痛がした。それに気付いたその瞬間に。

「やっちまった」

僕の名前はマイクラトオル。35歳独身。

彼女はいるが、結婚はまだ考えていない。

結婚はもうちょっと落ち着いてから、もっと余裕ができてからでもいいのかなって思って。

落ち着いてから?余裕ができてから?

そんな日、いつになったらくるんだよ…
ぼやきながら、そんな自問自答も飲み込んで、今日もがむしゃらに働く。

月、火、水…もう何周目かも分からないくらい毎日毎日ロボットのように。だんだんと自分というものが分からなくなっていった。

冒頭の「やっちまった」に戻るが、僕は仕事で大きなミスをしてしまった。
しかも、自分の会社だけでなく、取引先に大きな損失を与えてしまうようなミスだ。

僕の上司であるキョウさんがよく言っていた。

仕事のミスはしょうがない。問題は二つある。
ひとつは、ミスの原因もわからないままにして、また同じミスをすることだ。
もうひとつは、ミスの原因がわかっていてもまた同じミスをすることだ、と。

…今回、僕は後者をやってしまった。
事前にきちんと確認したにも関わらず、だ。

しかも、今回で三回目…言い逃れはできない。

これから僕はどうなってしまうのだろう…ぐるぐると後悔が頭の中で巡る。いまさら、どうしようもないのだが…。

キョウさんと僕は取引先を尋ねた。そしてひたすら謝り続けた。
よくあるストーリーだと誠意が通じれば許してもらえるのかもしれない。
けど現実はそんなもんじゃない。

取引先の担当は、当たり前のようにこう言った。

「今後の取引については保留にさせてくれ」と。

決定打だった。顔面にパンチを食らったような感覚。当たり前だ、損失が出たのに笑顔で「良いんですよ」と許してくれるわかがないじゃないか。僕が逆の立場だったとしてもそうだろう。

一体僕は何をやってるんだ。

こんなことがしたかったんじゃないだろう。

会社へ戻るべく、僕とキョウさんは無言で車に乗り込んだ。
重苦しい空気が僕らを包んでいる。僕が作ってしまったこの空気。結果。
もう、辞めるしかないか…

約30分ぐらい経過した頃だろうか。沈黙が永遠とも思えた頃、キョウさんが口を開いた。

ああ、怒鳴り散らされる。そりゃそうだろう、こんな大きな失敗をして、会社だけでなくキョウさんの顔にも泥を塗ったのだから…。

「トオル、俺良い物持ってるんだ。ちょっとある場所によっていこう」

僕は何がなんだかわからなかったが、「すいません」と言って頷いた。

・・・

少し湿気を帯びた風が僕のほほを撫でる。少し、しょっぱい。そう、

キョウさんに連れられた場所は海だった。

…懐かしいな。子どもの頃はよく母さんと来たっけ。

いつしか仕事に忙殺され、そんな思い出も忘れかけていた。

海へ着くやいなや、キョウさんはトランクから折りたたみ式のハンモックを取り出した。

「これ折りたたんでどこででも使えるんだ。いいだろ?」

そう言うと、キョウさんはハンモックを組み立て始めた。するとどうだろう、ものの数分で組み上がった。ハンモックって、こんなに簡単にできちゃうものなんだ。キョウさんはこっちを向いてニイ、と笑うと僕をハンモックの前に立たせた。

キョウさんに促されるまま、僕はハンモックに乗った。

ふわふわと不思議な感覚が僕を包み込む。

波の音とシンクロするようにハンモックが揺れる。
これまで感じたことのないような不思議な気持ちになる。
自分の過ちもこの揺れの中では不思議とどうでもよくなってくる。

だけどそれは、ただここではないどこかへ逃げでるだけだった。

キョウさんが口を開く。

僕はそれを揺られながら聞く体制になる。

「俺はミスは責めない。けど今回のミスは3回目だ。
しかも、お前の不注意が招いた損失だ。」

何も言い返せない。全くその通り。喉が渇いて、言葉がなかなか出てこない。それでも、搾り出すように返事をする。

「すいません・・・俺・・・辞表を書きます・・・」

「辞表だ?ふざけるな。損失を出したまま会社を去るのか?
取り返せ。そして会社に大きな利益をもたらせ。」

僕は胸が熱くなった。僕は一体なにをやっていたんだ。

なんでこんなミスを犯したんだ。

ふざけるな。二度とこんなミスはするな。

そしてミスを取り返すんだ。

僕は手を握りなおした。

「トオル、会社に戻ったら反省会だ!
そしてまた出なおせ!いいな!」

「・・・はい・・・っ・・・!」

涙が出そうになるのをぐっとこらえ、海をしっかりと見据える。すごく、綺麗だと感じた。

僕はミスをした。
だけどそんなの、地球の歴史に比べたらどうってことない出来事だ。

長い人生。へこむことある。

だけど、また立ち上がればいいだけだ。

明日からまた頑張ろう。

負けるな、自分!

美しい青空が広がる。

・・・そう。こうして彼はまた立ち上がることができました。

仕事のミスでやけになってしまった心を
いとも簡単に癒してくれたハンモック。
不思議なアイテムですよね。
フォッフォッフォ。

次に乗るのは

ホラ、あなたですよ?

さあ、あなたもハンモックとの生活を始めましょう。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/hammockya/