福岡市天神のWEB制作会社 -ワールドシェア株式会社-

ワールドシェア株式会社のセルフプロデュースアイテム 自立式ハンモック「ゆらふわモック」 楽天市場、ヤフーストアランキング連続1位記録更新!! >>> ショップに行く

co.jp VS jp 絶対に負けられない戦い

2014/12/01 Monday

co.jp VS jp 絶対に負けられない戦い 第三話

ドメインによるSEO順位の影響

 

 

SEOの実験。

更新頻度が低い弊社コーポレートサイト co.jp

と、

平日毎日更新、コンテンツの量も増えてきたこの jp サイト。

 

この両者が 「ワールドシェア」 として動き出してからはや4ヶ月。

両者の検索順位の関係に、どのような 「変化」 がみられたであろうか。

 

 

 

以前から co.jp ドメインはSEOにおいて他のドメインよりも強い!?

 

 

そんな噂がありました。

僕たちはその噂を検証するべくプロジェクトを立ちあげ、その行方を追いかけました。

 

これは僕達の魂と情熱、そしてほろ苦い恋模様を描いたちょっぴり甘酸っぱい青春ドラマです。

 

 

前回のあらすじ→

第ニ話 私の屍を越えてすすんでください

第一話 紅葉を見にいこうよう

 

 

 

第三話 終わりの始まり

 

 

7月22日。

帝都高速度交通営団(現在の東京地下鉄)日比谷線・恵比寿~中目黒が開業してから50年後のこの日。

 

 

jpサイトが ワールドシェア というキーワードでの検索順位から消えた。

 

45歳のトシオが刻んだビートの終焉。

 

 

ただの無駄死。

 

 

 

同一キーワードを強調した2つのサイトがぶつかった時、

ドメイン歴がわずかに長く、co.jpでもあるコーポーレートサイトに対して、

ふざけたことしかしてないのに一丁前にSEOキーワードはワールドシェアを謳っているjpサイトがコピーサイトとして消された。

 

理にかなった判決だ。

 

 

だが、トシオの死を乗り越えたワールドシェア一同は、あの頃よりも強くなっていた。

 

 

「またjpを検索順位に復活させてやろう。」

 

「でもどうやって?」

否定的なのは相変わらず取締役の米倉だ。

 

「これは多分俺の感が当たっていれば、すぐ復活する。少しだけ時間をくれ。」

境は米倉を制すように力強く言い放った。

 

 

 

それから3日後の7月25日。

 

 

 

jpが

 

 

 

還ってきた。

 

 

 

今回jpサイトが検索順位から消された原因は、jpサイトがco.jpサイトのコピーサイトと見なされたことが原因だと判断。

よって、コピーサイトっぽいキーワードをjpサイトのSEOから除外したのだ。

その結果、僅か3日でjpは復活した。

 

 

 

「おかえり、トシオ。また一緒に戦おう!」

 

 

「今の僕達は強いからね。」

 

 

「今の私たちは勢いがあるの!」

 

 

「トシオだけではなく新しい企画、とでもいいますか、視点を変えた取り組みにもチャレンジしてますしね。」

 

 

 

 

同日、jpサイトでWEBリレー漫画をスタートさせた。

 

 

 

jpの新しいスタートだ!

 

 

 

WEBリレー漫画

http://worldshare.jp/#comicArea

 

 

 

真夜中に空を見上げた。

あの頃は星が見えないだけで憂鬱な気分になった、SEKAINO OWARIのような夜空。

今日の夜空に星はでてるかい?

ああ、なんて素敵な星だ。

夜空を見上げずとも、

心の中で幾千の星たちが、

 

輝いていた。

 

 

 

 

そしてここから怒涛の平日毎日更新が始まる。

 

 

ワードプレス化、更新頻度高。

この2つを引っさげて、co.jpへの追撃が始まった。

 

 

 

綺麗な前進などそこにはない。

当然、プロジェクト中の熱くなった社内には罵声や怒号も飛び交った。

 

リレー漫画第4話より

「もう働く気が失せちまったー!!クソして寝る!!!」

 

リレー漫画第5話より

「外道め!!ならば本当の私を見せてやろう」

 

 

だが、チームとしての結束は以前よりもはるかに強くなった。

 

リレー漫画第12話より

「トシオは?」

「置いて行きましょう」

 

リレー漫画第37話より

「トシオー弱いよ。なにやってんの!」

 

 

 

jpの検索順位はみるみるうちに上がっていった

なんて事はなかったが、希望に満ち溢れたスタッフ一同は新たなプロジェクトに向かって動き出したのであった。

 

 

 

そして迎えた10月。

 

 

 

ワールドシェア というキーワードでのgoogle検索順位

 

 

 

co.jp

5位

 

 

jp

7位

 

 

 

jpが怒涛の追撃で検索1ページ以内にランクイン。

 

co.jpを猛追していた。

 

 

だがco.jpも

 

黙ってはいない。

 

co.jpは、EC-CUBEを筆頭とした大手サイトからの

 

非リンクを次々と獲得していく。

認定制作会社一覧 | 企業間取引専用のECサイト構築パッケージ! [EC-CUBE B2B]

 

 

 

猛追するjpを突き放す。

 

 

 

 

 

次回予告

 

「カテナチオだ・・・崩せないよ、相手はwikipediaだよ・・・」

 

「でも敵は完全体のwikipediaじゃないんだ!第一形態のwikipediaに負けてたら始まらないだろ!」

 

「内輪で争ってる場合じゃない、ってことか・・・」

 

「となると、やはりここは、 フュージョン ですかね?」

 

 

co.jpとjpの運命はいかに!